予想外にガードが堅く感じた!?寛容セラピさんの弱点は〇〇だった

令和3年10月・セラピストさんの出勤を確認、更に新着情報を追加!

こんにちは、エス太です。

さて今回は久しぶりになるでしょうか、読者様からリクエストがあったセラピストさんのリポートです。

巨newである程度の寛容さはあるらしいですが、果たしてどこまで可なのか調査の依頼があって。

まだ未訪問だったという事もあり、それでは・・・と実態解明に乗り出してみたのです。

Fカップの女子大生セラピストさんだった

以前にも来た事があるマンションで出迎えてくれたのは、明るくて元気いっぱいのセラピストさん。

聞くとまだ女子大生らしく、色んな事を経験してみようと好奇心に目が輝いているようです。

写真とちょっとイメージは違いましたが、盛り上がったバストサイズはFカップと素晴らしい。

はじめましてですね

彼女なりのペースがあるようなので、まずはマッサージを受けながら様子を伺ってみることに。

指圧はなくオイルからの導入、マッサージを受けながらなぜかお店の愚痴を聞かされるという妙な展開に。

前日にたまたま変なお客が来たみたいで、その事を誰かに話したくてしょうがなかったみたいなのです。

これってマズい展開なのでは

うつ伏せマッサージを受けて添い寝ポジションに

そんな話の後にエロい事はしにくいなと思っていたら、ひと通り話したらスッキリしたみたいで。

こちらの臀部をマッサージされた際に、様子を見ながらお尻に手を伸ばしてみても咎められる事はなく。

ハリがあってキレイなお尻だねと褒めると、どうも気を良くしてくれたみたいラッキーな展開に。

うつ伏せのオイル工程が終わると、タオルを掛けて指圧しながら拭き取るという珍しいパターンでした。

ナルホド、こういう指圧もアリなのかもしれません、そして仕掛けるタイミングはここしかない!?

拭き取ってもらって添い寝ポジションを提案すると、まだ早いよ~と言いながらも来てくれたのです。

鼠警部まだやってないよ?

予想外の苦戦を強いられるも・・・

さてここからが寛容度調査のメインです、挨拶代わりの軽いキスは可能なもののディープなのはNGで。

そしてたわわなFカップの感触を布上から確かめるも、なんとダイレクトはダメという厳しさが。

これは思ったより苦戦が予想されそうです、でもここで先程お尻を褒めたら喜んでた事を思い出して。

ここならいいかな?

お尻へのキスならなぜか大丈夫なようでした、そして徐々に前へとキスの範囲を広げていって。

どうも前の部分はキレイにお手入れされているようです、布地をずらして刺激してみるとイイ反応が。

せっかくのキレイな下着が濡れちゃうよと言うと、彼女はそっと腰を浮かしたのでした・・・

この話の続きとお店・セラピストさんの詳細は、下記サイトで限定公開しています

esta-nagoya.fc2.xxx

エス太の総括!

もっと楽勝案件なのかと予想していたのですが、途中までは思わぬ苦戦を強いられてしまって。

弱点を把握したのが良かったかも、何とか読者様の調査リクエストにも応えられたような気がします。

しかしあの年齢であそこまでキレイにお手入れしているケースは、レアなのではないでしょうか。

ツルスベだった

 10月の新着情報

セラピストさんの10月の出勤を確認しました。

ここのところ出勤が少し減っているような、また学校の方が忙しくなったのでしょうか。

スペシャリティな期間は過ぎたとはいえ、貴重な大学生の寛容セラピストさんですからね。

まだ卒業までは時間があると思うので、できればそれまでは続けて欲しいのですが・・・

一度再訪してみようかな

※令和3年3月9日のリポートを加筆・修正しました