10,000円でムフフを体感!?コストを抑えながらメンズエステを楽しむ

令和4年6月・技術書の内容を一部追記・修正しました

こんにちは、エス太です。

ところでみなさん、メンズエステに予約をする際に予算はどれくらいを考えていますか?

その場でカード決済できない事がほとんどですし、少なくとも大2枚くらいは所持していないと不安ですよね・・・

今回はそんなお話です

高価格化が進むメンズエステの料金設定

ここ数年、メンズエステの料金設定がジワジワ高騰しているよな~と感じる今日この頃。

需要と供給のバランスが価格を決める業界ですからね、ある意味では仕方がないのかもしれません。

しかし振り返ってみると数年前までは、15,000円くらいあれば大体どこにでも行けたのです。

コースも以前はワンメニューがほとんどでした、オプションもなくわかりやすいシンプルな料金体系

今でもいくつかの老舗店はそのままの設定にしており、その安心感からかつい通ってしまったり。

それがいつの間にかVIPコースなる別メニューが登場して、基本コースは見向きもされない廃盤コースに・・・

そこでは既に存在意義がない

10,000円以下で楽しめるメンエスも存在する?

更に鼠径部集中泡オプション衣装チェンジにも別料金って結婚式かよとツッコミたくなったり。

しかもムフフは別なんですよとくれば、30,000円くらいは財布に入っていないと心配になるではないですか。

ある意味お金を積みさえすれば何とかなる風潮もありますが、それだと達成感が乏しいんですよね。

そんな中

10,000円以下でもムフフな体験の可能性があるメンズエステ店も、まだあるにはあるんですよね。

そういう楽しみ方をしている人も現にいるとは思いますが、知らない人に向けてエス太のお勧めをご紹介。

そんなのもう知ってるけどという人はスルーしていただき、興味がある人はチェックしてくださいね。

この技術書の詳細については、下記サイトで限定公開しています

esta-nagoya.fc2.xxx

コストを抑えてもメンズエステは楽しめます

シンプルな基本コースでムフフな体験ができてしまった時、その満足感は何というか格別です。

セラピストさんの好意や相性、タイミングとか色んな要素が重なってごく稀に生じるラッキーな体験。

セコいと言われればそれまでですが、コストと充足感は反比例の関係にあるような気がするのです。

今回はとあるメンズエステ店を実例として、そこでエス太が実際に体験したムフフな事例をご紹介。

コストを抑えながらでも、メンズエステを楽しむ方法をわかりやすく解説しています。

給与等収入が減ってしまって苦慮している人もいる中、少しでもお役に立てれば幸いです。

選択肢のひとつとして

 6月の新着情報

コストを抑えながらメンズエステを楽しむ技術書の内容を、一部加筆・修正しました。

メンズエステとは微妙に路線が外れてしまうかもしれませんが、新たな選択肢を追加しました。

一応は押さえておいてもらって、その時の気分やエリアによってチョイスいただければと。

予算が少ない時もあるから

※令和3年1月17日のエントリを加筆・修正しました